米アラバマ州上院補選、民主党ジョーンズ氏の当選確定 – 朝日新聞




 [28日 ロイター] - 12月12日に実施された米アラバマ州の連邦上院補選を巡って、州当局は28日、民主党のダグ・ジョーンズ候補の当選を正式に認定した。

 共和党のロイ・ムーア候補は敗北を認めず、選挙の「不正」を訴えていたが、同州判事は申し立てを退けた。選挙ではムーア候補は一時、優勢が伝えられたが、過去の少女へのわいせつ疑惑が浮上し失速した。

 州当局によると、ジョーンズ候補はおよそ2万2000票(約1.6%ポイント)差でムーア候補に勝利した。保守色の強いアラバマ州で民主党候補が連邦上院の議席を獲得するのは25年ぶり。

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)




Related Post



コメントを残す