米国防長官、ヘリ不時着事故を謝罪 「重要な課題」



2018年1月9日11時56分

 小野寺五典防衛相は9日午前、マティス米国防長官と電話で協議し、沖縄県で今月6、8日に在日米軍のヘリが相次いで不時着した事故について話し合った。小野寺氏によると、小野寺氏から「点検整備の徹底などの抜本的な対策」を取るよう要請したのに対し、マティス氏は「重要な課題としてしっかり取り組んでいきたい」と述べ、謝罪した。小野寺氏は米軍に対して8日夜、在日米軍の全航空機を整備・点検するよう求めたという。


Related Post





コメントを残す