芸能人不倫報道、ベッキーと小室哲哉を分けたバッシングの境界線 – ZAKZAK






 「ベッキー、桂文枝、渡辺謙、今井絵理子、三遊亭円楽、斉藤由貴、小室哲哉…。この2年あまりで多くの芸能人の不倫が暴かれてきました。ダメージを受けるケースとダメージをさほど受けないケースがありますが、その境界線が今回の小室の件で分かりましたよ」

 バラエティー番組の放送作家が自慢げにそう伝えてくる。

 「要するに“うまいことやりやがって”という芸能人に世間は厳しい。その最たる例がベッキーでした」

 ベッキーはタレントとしてレギュラー番組、出演CMなどほぼすべてを失い、休業に追い込まれた。不倫発覚以前は明るいキャラで人気だっただけに、裏切られたような感情を世間は抱いた。

 幸せな家庭を築き、妻として母として女優として頑張っていると世間が好感を持っていた斉藤由貴(51)もそうだ。

 「斉藤の場合、最初の会見で嘘をついたことも大きい。同じ不倫でも渡辺謙は、斉藤と共演する予定だったNHK大河に出演していますから」(前出・女性誌デスク)

 男性へのバッシングが女性ほどでないのは、日本独特の空気感なのか。




zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう


Related Post



コメントを残す