「ざんねんな市長・議員」続々 「ハシケン」ほか嘘つき列伝 – ZAKZAK






 「殺すぞ」と記者を恫喝して騒動になった兵庫県西宮市の今村岳司市長(45才)や、公務中のセクハラで辞任した福井県あわら市橋本達也前市長(63才)など、昨今、地方自治体の首長の不祥事が連続している。

 とくに市橋前市長の行動は悪質を極め、市長在職中の2013年から複数回、市内在住の既婚女性にキスを迫ったり抱きついたり、足をなめるなどの行為に及んでいた。現場の多くは、あろうことか市長の執務室だった。

 こうした「ざんねんな市長」がいま、全国各地で大量発生している。数多の不祥事の中でも、「嘘つき」で市民を欺いた市長・市議たちが以下の人物だ(※年齢、肩書きは報道時のもの)。

 ◆2016年9月 徳島県阿波市 藤川豊治市議(70才)早退してネパール旅行→辞職の意向なし

 決算審議特別委員会を体調不良を理由に早退し3日後の本会議を健康診断を理由に欠席した。いずれも虚偽で、仲間2人と2年前から計画していたネパール旅行に。60才の時に、パキスタンのカラコルム山脈登頂に挑む。

 ◆2016年8月 佐賀県唐津市 坂井俊之市長(55才)迂回献金→任期満了で退任

 自身が代表を務める自由民主党支部が、企業などから受けた献金を自身の政治団体である「坂井としゆき後援会」に全額寄付していた。ギター奏者としてライブ出演豊富。

 ◆2017年8月 兵庫県神戸市 橋本健市議(37才)架空発注→辞職

 市政報告のビラを印刷会社に架空発注し、政務活動費を申請。当初疑惑を否定していたが、業者に対して「口裏合わせ」を示唆するメールが送られていたことが発覚。今井絵理子参院議員との不倫疑惑も話題に。



NEWSポストセブン



zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう


Related Post



コメントを残す