今井絵理子議員の手繋ぎ居眠り不倫に「バカ以外の何者でもない」 – デイリーニュースオンライン



今井絵理子オフィシャルTwitterより
今井絵理子オフィシャルTwitterより

1996年にSPEEDのメンバーとして数々のヒット曲を出してきた今井絵理子(34)。解散後は結婚、出産、そして離婚をし、2016年から参議院議員として活動をしている一方で彼女のスキャンダルはかなりの数。今回は今井絵理子の数ある噂を紹介しよう。

橋本氏との“手繋ぎ居眠り写真”週刊誌がスクープ

2017年7月自民党神戸市議員の橋本健(37)との不倫疑惑が週刊誌に報じられた今井。その写真には新幹線の車内で二人が手繋ぎ状態で居眠りをしている姿だった。

これについて今井は「「一線は越えてない」とキッパリと肉体関係を否定したが、この言葉を信用している世間は多くないだろう。

また、この手繋ぎ写真が報じられた当時、橋本は妻と離婚協議中ではあったものの離婚はしていない状態であることから今井の“略奪愛”なのではないか?という噂もあった。

この一件で、相手の橋本は市議を辞職したが、今井は現在議員として活動していることで「今井も辞めろ!」などと非難されている。

過去には同級生との半同棲報道、逮捕的もあり?

手繋ぎ居眠り不倫騒動の一方で、2016年12月に週刊誌で今井は事実婚状態の同級生と“極秘破局”していたと報じられていた。今井は聴覚障害者の子供を懸命に育てている「働くシングルマザー」という立場が有権者に受け入れられていたが、週刊誌では元カレ男性の知人が「育児をまともにやっていなかった」と証言し状況が変わった。選挙前からは自宅にあまり帰らなくなった今井は子供を元カレに預けっぱなしだったことで元カレは「俺はベビーシッターじゃない」と不満が募り破局したよう。
しかし破局理由はこれだけではないのだとか。実はこの元カレは逮捕歴があり、風営法と児童福祉法違反で検挙された過去がある。これは
議員として活躍していきたいという気持ちの今井にとってはかなりの痛手となると思い、別れを選んでのではないかというのだ。

また、今井の元カレは同級生だけではない。過去複数人の元カレたちをベビーシッター同然に使い回していたことや、新しい交際相手ができるやすぐに同棲生活の解消を通達していた噂があることから、別れの原因は全て今井では?とも言われているのは無理もないだろう。

元旦那175RのSHOGOとの離婚の真実とは

今井は2004年に175RのボーカルSHOGO(37)と結婚し、同年に子供を出産した。しかし、その3年後には子供とともにSHOGOと別居。約2か月後に離婚を報告した。

当時、高度感音性難聴が発覚した子供を今井がシングルマザーとして育てることになると、SHOGOは「今井に障害を持つ子を託して離婚した」と見られるようになってしまった。この件についてSHOGOは2016年7月、Twitter上で「息子にも定期的に会い、お金の問題も全くなく、そもそも離婚原因まで捏造。自分の息子捨てる訳ねーだろ。いい加減訴えたろか」と激怒。現在ではSHOGOはタレントの石井あみ(37)と再婚し順調そうなことから、より今井が離婚のカギを持っていたのではと思ってしまう。

障害を持つ子供、学校でのいじめ懸念の声…

多くの男性が今井と関わると悲惨な目に遭っているなか、もう一人かわいそうな目に遭っているのではないかという心配の声が上がっているよう。それは今井の子供だ。長男は現在14歳。母親の勝手で環境がコロコロ変わり、振り回される子供が災難だ。特に高度感音性難聴の障害を抱えている長男。ストレスや不安を持っていないか心配になる。

資産は約1億円と公表…⁉

こんなにも世間を騒がしている今井だが、2017年1月に資産が女性議員で最多の9899万円だと公開された。今井はSPEED時代に数々のヒット曲を残した一人。預貯金額に関して今井は「10代のときの芸能活動で稼いだものを将来のために残していた」と説明している。今井は預金のほか社債約450万円、自宅と沖縄県の基地用地2カ所などを資産として報告し基地用地は親が賃料収入を目的に、今井の資産として購入したものなのだとか。ほとんどの議員資産額をより低く見せるようにするなか、今井だけは正直に1憶円と公表したことも呆れてしまう人が少なくないのだとか。

上原多香子に不倫相談の仲。SPEED崩壊

今回の今井の手繋ぎ不倫騒動で気になる噂はまだある。それはSPEEDのメンバーだ。

今井の騒動の翌月に今度は上原多香子(35)の不倫が週刊誌で報じられた。上原は2014年にでET-KINGのTENN(享年35)が自殺。その一因が上原の不倫だというもの。

実は上原は、今井に、結婚生活も不倫も報告していたという噂がある。今井は、上原の不倫も陰で指南していたのだとか。上原も不倫相手と会う際に、に気づかれないよう、今井と会っているということにしてなどと、二人で口裏を合わせていたとまで言われているから驚きだ。SPEEDのメンバー4人中2人が不倫となるとさすがに崩壊の危機だろう。

上西議員「バカ以外の何者でもない」とバッサリ

今井の手繋ぎ騒動にある元議員が批判コメントをしたことも話題となっている。その人物とは上西小百合だ。上西はテレビ番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)にVTRで出演した際に今井について「バカ以外の何者でもない」とバッサリ斬った。「本当にバカですよね。まず、ホテルの中をパジャマ姿で歩くのはマナー違反」と指摘。「なんで手をつないで寝るんですか、新幹線で。あんな写真撮られている事態でバカ以外の何者でもない。今井さんは超スーパー有名人。なんでそんなことをするのか見当がつかない。相手の男の人も配慮が足りない」とコメント。また、今井の「一線は越えてない。」という発言にも「男性の部屋に女性が1人で行って2人きりになったら危険。だからそういうのはよくない。あの2人って本当に愛し合ってますよね。あのコメントを見たら、2人が好き合っていることしか伝わってこなかった。まあでも、別れるべきだと思います」と話した。

今回は上西の発言を否定できないとこともありそうだが、上西も何かと世間を騒がせることで有名なだけに「上西が言うな」などの声が上がってしまいそうだが、実はこの二人、ある共通点がある。それは“魔の83年生まれ”ということだ。この二人以外にも上原多香子やこちらも不倫騒動で話題となったベッキー(33)なども83年生まれで、この年の有名人はかなりの確率で問題を起こしているよう。
上西は
現在もTwitterなどで批判される内容を載せていることから今後、彼女の行動も気になるところだ。

ブログではハッシュタグ付け謝罪で大炎上

2017年はある意味で大きく変わってしまった今井だが、年明けの9日、何事もなかったかのごとくSNSを再開し、非難の書き込みが殺到しているのだとか。

今井は「遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。2018年、故郷沖縄から始動しました。今年もよろしくお願いします」とSNSに投稿。不倫問題には一切触れず、ハッシュタグは「#心機一転」「#がんばろう」などと書き込んだ。
この内容にTwitter上では「アイドルじゃないんですよ?
議員なんですよ!!! 『おかえり』『待っていたよ』なんていう言葉に甘えているんじゃないでしょうね」「心機一転、スパッと辞職されたら如何ですか」「説明責任も果たせない議員が何の始動ですか?」など、厳しい声が寄せられた。しかし、今井は手繋ぎ不倫発覚直後もTwitterでブログの更新を報告するもハッシュタグに「#お詫び」と付け、さらには「#今井絵理子」なども付けたことで批判されてしまった。

何をしても批判や炎上してしまう今井。今後はもっと慎重に行動してほしいものだ。

Related Post





コメントを残す