松本副大臣がヤジめぐり辞任 熊本地震では地元の職員を怒鳴っていた … – livedoor



松本文明 内閣府副大臣
「それで何人死んだんだ」
朝日新聞デジタル 1月26日

 今週の珍言、暴言、問題発言を振り返る。国会でいきなり暴言が飛び出した。25日の衆院本会議で行われた代表質問で、共産党の志位和夫委員長が沖縄県で続発する在日米軍機の事故やトラブルについて触れた際、議員席から自民党の松本文明内閣府副大臣が「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばした。松本氏は内閣府副大臣を2回務め、1回目は沖縄北方担当も務めていた。

 松本氏は記者団に「不規則発言で、人が亡くならなければいいのかというような誤解を招いた」と述べ、26日に辞表を提出、受理された。事実上の更迭だ。安倍晋三首相は「沖縄の皆さん、国民の皆様に対して深くおわびを申し上げたいと思います」と陳謝した(日テレNEWS24 1月29日)。

 松本氏の発言が2月4日に行われる沖縄県名護市長選に大きな影響を与えるのは必至だ。名護市長選は、政権が同市辺野古で進める米軍普天間飛行場の代替施設建設への賛否が大きな争点になっている。今年、沖縄では年末の知事選を含め、18の首長選が続くが、安倍政権への批判は高まるばかりだ。

 沖縄では昨年12月から米軍関係のトラブルが続く。米軍ヘリの部品が屋根で見つかった宜野湾市の緑ケ丘保育園の神谷武宏園長は「この1カ月半、たまたま死人が出ていないだけ。死人が出なければ政府は動かないのか」「沖縄の状況、沖縄の民に向き合わない政府に憤りを覚える」と強く批判した(朝日新聞デジタル 1月26日)。


松本文明氏 ©時事通信社

 なお、松本氏は2016年4月に発生した熊本地震の政府現地対策本部長を務めていたが、わずか数日で交代している。現地で食事におにぎりが配られたときに「こんな食事じゃ戦はできない」と不満を言い、避難所への支援物資配布をめぐって「物資は十分に持ってきている。被災者に行き届かないのは、あんたらの責任だ。政府に文句は言うな」と地元の自治体職員を怒鳴りつけていたという。県や被災自治体は「松本氏が震災対応の邪魔になっている」と不信感を募らせており、事実上の更迭と見られているが、菅義偉官房長官は「体力面を考慮した」、河野太郎防災担当相(当時)は「交代は予定通り」と強調、松本氏を擁護していた(西日本新聞経済電子版 2016年4月21日)。

 琉球新報は1月27日の社説で「聞きようによっては、一連の米軍事故で死人は出ていないじゃないか、とも受け取れる。辞任して済む話ではない。松本氏は発言の真意を説明する責任がある」と指摘している。安倍首相は国会で「沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら、基地負担の軽減に全力を尽くす」と述べているが、それなら松本氏に真意を説明させるべきだろう。

礒崎陽輔 元首相補佐官
「英米系を除いて、新しい憲法にはどこでも(私権制限の規定が)ある」
毎日新聞 1月31日

 自民党憲法改正推進本部は31日、今年初の全体会合を行い、大規模災害などに対応する緊急事態条項の創設について議論した。会合では国会議員任期の延長などに加え、私権制限も検討すべきだという意見が相次いだ。


礒崎陽輔氏 ©時事通信社

 私権制限とは「社会全体の向上と発展のために個人の権利を大幅に制限しようという考え方」(コトバンクより)。2012年の党改憲草案では、首相が閣議決定を経て「緊急事態宣言」を出せると規定しており、法律と同等の効力を持つ政令の制定権を内閣に与え、解除されるまで、国民の生命、身体、財産を守るための政府や公の機関の指示に「何人も従わなければならない」と定めている。日本への武力攻撃、内乱やテロ、自然災害などが緊急事態として想定されている(時事ドットコムニュース 1月31日)。

 安倍首相に近い礒崎氏らが私権制限も必要だと主張したのに対し、岩屋毅元副外相は、私権制限は世論の理解が広がらないと訴えた。また、公明党の北側一雄副代表は記者会見で「政府の権限強化や国民の権利制限を憲法上、規定する必要性は感じていない」と述べている(毎日新聞 2月1日)。

堀内詔子 自民党・衆院議員
「まだまだ質問はあるが逆に時間を超えてしまうという思いから削除していた」
毎日新聞 1月29日


堀内詔子氏 ©時事通信社

 29日の衆院予算委員会で、自民党の堀内詔子衆院議員が自身に与えられた質問時間を余らせたまま質問を切り上げようとして、野党から猛批判を浴びた。背景には、自民党が国会での質問時間を慣例だった「与党2割、野党8割」から、時間増を求めたことにある。

 時間増について最初に声を上げたのは自民党当選3回生による有志たち。彼らは昨年10月の衆院選以前は「魔の2回生」と呼ばれていた。そして堀内氏も当選3回生である。声を上げた当事者なのに、質問時間が増えたらこれか、というわけである。共産党の小池晃書記局長は「国会の最大の任務は行政監視だ。与党の時間を増やすのは意味がないとはっきりした」「(時間を)残して、しかられるなんて、子供じゃあるまいし、みっともない」などと批判した。なお、堀内氏の息子は、秋篠宮佳子さまとの交際が報道されている(『週刊新潮』2017年9月21日号)。

宇都隆史 自民党・参院議員
「本当は行きたくないとも感じる。最後は行くのをやめようと思ったら、インフルエンザに罹患する手もある」
産経ニュース 1月31日


宇都隆史氏 ©時事通信社

 自民党の若手議員による質問についてもう一つ。31日に行われた参院予算委員会で質問に立った自民党の宇都隆史氏が、韓国で開かれる平昌冬季五輪の開会式に安倍晋三首相が出席することについて「インフルエンザに罹患する手もある」と軽口を叩いた。宇都氏は首相の平昌行きについて「外交成果が上がるかどうか分からない。言ったことをころころ変える国だから」と指摘。その上で「首相を見ていると本当は行きたくないんだろうなと感じる」との認識を示していた(時事ドットコムニュース 1月31日)。

 発言の最中、安倍首相はずっと笑っていたが、インフルエンザに苦しんでいる人のことをどう思っているのだろう? 国会でこんなことを言っているなんて、どうかしていると思うのだ。

籠池泰典 森友学園前理事長
「きのうわれわれが財務省から出たとたんに安倍夫人から電話がありまして、『どうなりました? 頑張ってください』って言っていたけど、なんと答えたらええのかわからへんわ、どうしよう」
NHK NEWS WEB 2月1日

 2月1日、共産党の辰巳孝太郎参院議員が会見し、森友学園の国有地売却問題に関連して籠池前理事長が安倍首相夫人の昭恵氏に言及している新たな音声データを公開した。

 音声データには一昨年の3月16日、3時間にわたって小学校の建設工事中に見つかった新たなゴミの処理方法などについて、籠池氏と近畿財務局や大阪航空局の担当者らと行った協議が録音されているが、この中で籠池氏は昭恵氏から進捗を問われる連絡があったことを明かしている。


籠池泰典氏 ©時事通信社

 辰巳氏は「事実ならば昭恵氏は、3月15日の籠池氏と財務省との交渉を知っていたことになる。どういう経緯で電話したのかを語ってもらわないといけない」と述べ、国会で昭恵氏を証人喚問すべきだと主張した。安倍首相は辰巳氏の質問に対し、「ころころ言っていることを変える人物が、そういう証言をしていると紹介されたのだろう。売買について、金額の交渉などに一切関わっていないというのは今までも答弁しているとおりだ」と反論した。一方、財務省の太田充理財局長は、籠池夫妻に対応した同局担当者が当時、昭恵氏が名誉校長に就いていたことを「承知していた」と説明。別の音声データで、この担当者が「応援する気持ちで近畿(財務局)はやっている」と述べていたことも確認した(時事ドットコムニュース 2月1日)。

 昨年2月、「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と断言していた安倍首相だが、再び昭恵氏の関与がクローズアップされてきた。依然として昭恵氏は公の場で何も語っていないが、そろそろ国会の場で堂々と語ってみたらどうだろうか。自民党議員の軽口に時間を割くより、よっぽど有意義だと思うのだが。

(大山 くまお)



Related Post



コメントを残す