首相「沖縄の発展、全力で支援」 渡具知武豊氏の当選で「再編交付金」支給再開を検討 – iza(イザ!)



 政府は、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設容認派の新人、渡具知武豊氏が、移設反対を掲げた現職の稲嶺進氏に勝利したことに安堵している。渡具知氏が選挙戦でも、在日米軍基地を抱える自治体への「再編交付金」を活用した市の活性化に取り組む考えを示していたことから、交付金の支給再開を検討するとともに、辺野古移設を計画通り推進する方針だ。

 安倍晋三首相は5日、首相官邸で記者団に対し、辺野古移設について「市民のご理解をいただきながら、最高裁の判決に従って進めていきたい。県民の気持ちに寄り添いながら、さらなる沖縄の発展に全力で支援していく」述べた。

 また、「現職市長を破るのは難しいと思っていたが良かった。(渡具知氏が)公約したことを国としても責任を持って応援していきたい」と強調した。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で、名護市に対する再編交付金再開について「(名護市は)極めて大事な市だ。市長が正式に就任されたら、意見交換をさせていただいて、全面的に協力していきたい」と述べた。



Related Post



コメントを残す