小野寺五典防衛相、交付金再開前向きに検討 「新市長と協議」 – 産経ニュース



 小野寺五典防衛相は6日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となった4日の名護市長選で、与党が推薦する新人の渡具知武豊氏が初当選したのを受け、名護市への米軍再編交付金の再開を前向きに検討する考えを示した。「新市長と一日も早く会い協議する中で、できるだけの対応をしたい」と述べた。

 渡具知氏は名護市内で記者団に「交付されるのであれば拒む必要はない」と述べ、歓迎する意向を示した。

 再編交付金は在日米軍再編に伴い影響を受ける自治体に支給され、移設反対派の現職の就任後は支給されていなかった。小野寺氏は「新市長に辺野古移設に関する政府の考え方を丁寧に説明し、理解、協力を得るよう努力する」と述べた。

 菅義偉官房長官は会見で、辺野古への土砂投入の開始時期について「工事の進捗や気象条件などを踏まえ適切に判断していく。自然環境や住環境に最大限配慮し、移設工事を着実に進めていく」と語った。



Related Post



コメントを残す