江崎氏「揚げ足取り」発言を謝罪 読み上げ答弁に批判も



 江崎鉄磨・沖縄北方担当相は9日の衆院予算委員会で、前日の同委で野党議員の質問を「揚げ足取り」などと批判したことについて問われ、謝罪し、撤回した。江崎氏は8日、答弁の誤読を指摘されて「揚げ足を取るのは予算委員会の役目でない」と反論していた。

 立憲民主党の山内康一氏の質問に答えた。山内氏は「国会を軽視している発言だ」として謝罪、撤回を要求。江崎氏は「不用意な発言であったことをおわび申し上げる」と述べた。ただ、江崎氏は、その後もメモを読み上げる答弁が続き、山内氏は「大臣としての資質の問題だ」と批判した。

 さらにこの日、希望の党の小熊慎司氏が沖縄への思いをただしたところ、江崎氏は「沖縄は明治以降、苦難の歴史を歩んできた。例えば、いわゆる『沖縄処分』」と発言。明治政府が琉球王国を併合した「琉球処分」を言い間違えた。その後、「先ほど沖縄処分と言ったが琉球処分だ」と訂正した。

 また、9日の衆院予算委では、河野太郎外相が前日の同委で「核の世界を不安定にしているのはロシアだ」と断定し、米国の核戦略見直しを擁護した発言も取り上げられた。山内氏が「発言は日ロ関係改善に逆効果では」と指摘すると、河野氏は「米国がそう述べているところを紹介したまでだ」と釈明した。(山岸一生)



Related Post



コメントを残す