首相、北朝鮮に「日本の考え伝えた」 自民の質問に



 安倍晋三首相は13日午前の衆院予算委員会で、平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式に合わせて訪韓した成果について語った。首相は文在寅(ムンジェイン)大統領との日韓首脳会談で慰安婦問題や北朝鮮問題への日本の立場を伝えたことを明らかにしたうえで、北朝鮮との接触についても述べた。

 自民党の柴山昌彦氏の質問に答えた。

 首相は「(大統領主催の)レセプションの機会に(北朝鮮の)金永南・最高人民会議常任委員長に、私から拉致・核・ミサイル問題を取り上げ、日本側の考えを伝えた。特に拉致問題解決を強く直接、金氏に求めた」と説明。その上で「訪韓は、韓国および北朝鮮に我が国の立場を直接伝える観点から大変有意義だった」と述べた。



Related Post



コメントを残す