米も北朝鮮と対話意思と文大統領 安倍首相は圧力強調 – 沖縄タイムス



 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は13日、先の南北首脳級会談に関連して「米国も南北対話を肯定的にとらえ、北朝鮮と対話する意思を明らかにした」と述べた。ラトビアのべーヨニス大統領との会談での発言として韓国大統領府が発表した。一方、安倍首相は国会で、北朝鮮に最大限の圧力を加える方針で米国と一致していると強調した。

 ラトビアのべーヨニス大統領(左)と握手を交わす韓国の文在寅大統領=13日、ソウル(韓国大統領府提供・共同)

 ラトビアのべーヨニス大統領(左)と握手を交わす韓国の文在寅大統領=13日、ソウル(韓国大統領府提供・共同)

 文氏は10日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の特使として韓国を訪問した妹の金与正党第1副部長らと会談。文政権は対話が核問題解決に寄与するとし、国際社会の支持取り付けへ外交を本格化した。(共同通信)



Related Post



コメントを残す