米国人女性、レジ係がミスしたお陰で宝くじに当選 – Sputnik 日本



スプートニク日本

ビクトリア・エトリッジさん(52)は、店で宝くじ2枚を2ドルで購入しようとした。だが、レジ係が間違えてより高い5ドルの宝くじを売ってしまった。

レジ係はミスに気づき、2ドルの宝くじと交換し、差額を払い戻すと言ったが、エトリッジさんは「ラッキー」なロトかもしれないから、と言って、ロトを取り換えずに持ち帰った。

結果、うち1枚のロトが当選し、3万ドル(約330万円)を獲得した。

エトリッジさんは、当選金の一部で車を購入したいと語っている。

関連ニュース

1億4500万円当てたタイ人、宝くじ紛失で自殺

宝くじで10万円を当てたと思ったら1億円だった夫婦 米国



Related Post



コメントを残す