上関町議会議員選挙が告示(山口県) – 日テレNEWS24



上関町議会議員選挙が告示
(山口県)

任期満了に伴う上関町議会議員選挙が13日告示された。定数10に対し11人が立候補を届け出ている。立候補の受付は、13日午後5時に締め切られ原発推進の立場をとる人が8人、原発反対の立場をとる人が3人立候補を届け出た。今回の町議選は原発計画が1982年に浮上してから、9回目となる。上関原発計画は2011年の福島原発の事故以降、準備工事がストップしたままで、新規原発に対する国の判断は明確にされていない。今回の選挙戦では、人口2800人あまり、高齢化率55%を超えた上関町でまちづくりをどう進めて行くのかが最大の争点となりそうだ。原発推進の立場をとる候補は第一声で「この町が少しでも良くなるように努力したい」と訴えた。一方、反対の立場をとる候補は「原発から脱却した町を売りにまちづくりをしたい」と訴えた。上関町議選の投票は18日に行われ即日開票される。上関町の12日現在の有権者数は2655人だ。

[ 2/13 17:03 山口放送]



Related Post



コメントを残す