官房長官「働き方改革は極めて重要」 関連法案の意義強調



菅官房長官は午前の記者会見で、政府が提出する方針の働き方改革の関連法案について、一括して1本の法案として国会に提出したいという考えを示したうえで、「働く方々にとって極めて重要な改革だ」と述べ意義を強調しました。

この中で菅官房長官は働き方改革について、「『高度プロフェッショナル制度』の創設や裁量労働制の見直しは、働く方の健康を確保する措置を使用者に義務づけたうえで、一人一人の事情に応じた多様で柔軟な働き方を選択できることにしたものだ」と述べました。

そして菅官房長官は、関連法案を一括して1本の法案として国会に提出したいという考えを示したうえで、「働く方々にとっても極めて重要な改革であると考えており、実現に向けて全力で取り組んでいきたい」と述べました。

一方、菅官房長官は、安倍総理大臣が働き方改革に関連したデータをめぐる答弁を撤回したことについて、「『こうしたものもある』という例として安倍総理大臣は紹介したが、さまざまな指摘をいただく中で、数字の精査に時間を要するような調査のデータを示し、答弁したことを撤回し、おわびをしたということだ」と述べました。

Related Post





コメントを残す