津山市長選 有権者の関心高まらず 出口調査などから市政の行方展望 – 山陽新聞



 11日投開票が行われた津山市長選は、新人で元県議の谷口圭三氏(54)が、現職で3選を目指す宮地昭範氏(69)を退け、初当選を果たした。選挙戦では、2期8年間の現市政に対する評価が最大の争点となったが …

この記事は会員限定です。

電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

Related Post





コメントを残す