カンザス州知事選に犬が出馬申請、州が却下 – 毎日新聞



 2月13日、米カンザス州で、3歳のビズラ犬「アンガス」(写真)を知事選に立候補させようとした飼い主が、出馬申請を却下される出来事があった。飼い主が明らかにした。提供写真(2018年 ロイター/Terran Woolley)



 [13日 ロイター] – 米カンザス州で、3歳のビズラ犬を知事選に立候補させようとした飼い主が、出馬申請を却下される出来事があった。13日に飼い主が明らかにした。

 犬は「アンガス」と名付けられており、飼い主は、十代の若者数人が立候補を申請したことと、出馬に必要な条件がほぼないことを報道で知り、アンガスの出馬を申請したという。

 州当局の広報担当者は「犬が知事に出馬することはできない。カンザス州の法律と憲法は、知事となる人物に繰り返し言及している」とする声明を発表した。




Related Post



コメントを残す