日米首脳が電話会談“北朝鮮が対話求めるまで最大限の圧力”



安倍総理大臣は14日夜、アメリカのトランプ大統領と電話で会談したあと記者団に対し、北朝鮮への対応について、日本もアメリカも完全かつ不可逆的な非核化を前提としないかぎり意味ある対話はできないと考えており、北朝鮮が対話を求めてくるまで最大限の圧力をかけていくことで一致したと述べました。

安倍総理大臣は、14日午後10時すぎから1時間10分余りにわたって、総理大臣公邸でアメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「トランプ大統領と主に北朝鮮情勢について率直な意見交換を行い、現状の分析を詳細に行った」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「この瞬間も北朝鮮は核・ミサイル開発を続けているという現実を直視しなければならない。対話のための対話では意味がなく、日本も米国も完全かつ検証可能、そして不可逆的な非核化を前提としないかぎり意味ある対話はできないと考えている。北朝鮮の側から対話を求めてくるよう北朝鮮に対して最大限の圧力をかけ続けていく点でトランプ大統領と完全に一致した」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は「これからどのようにして北朝鮮の非核化を実現していくかについて、しっかりと話をした。日米の同盟関係は決して揺るがないということをこの電話会談で確認し、示すことができると思う」と述べました。

安倍総理大臣とトランプ大統領による電話会談は、今月2日に続いて、今回で19回目となります。

Related Post





コメントを残す