北朝鮮船籍タンカー 洋上で物資積み替えか



政府は、北朝鮮船籍のタンカーが13日、東シナ海の公海上で外国船籍の船に横付けしていた様子を撮影した画像を公開し、国連安保理決議で禁止されている洋上での物資の積み替えを行っていた疑いが強いとして、国連安保理の委員会に通報しました。

13日未明、中国・上海の東およそ250キロ沖合の東シナ海の公海上で、北朝鮮船籍のタンカーがベリーズ船籍のタンカーに横付けしているのを、海上自衛隊のP3C哨戒機が確認し、政府は14日夜、撮影した画像を公開しました。

政府は、この北朝鮮船籍のタンカーが、国連安保理決議で禁止されている洋上での物資の積み替え、いわゆる「瀬取り」を行っていた疑いが強いとして、国連安保理の北朝鮮制裁委員会に通報しました。

このタンカーは、先月20日にも東シナ海の公海上でドミニカ船籍のタンカーに横付けしていたのが確認されていて、政府は、その際にも北朝鮮制裁委員会に同様の通報を行っています。

政府は、北朝鮮が「瀬取り」によって石油精製品などの取り引きを繰り返し、制裁逃れを図っている疑いもあるとして、引き続き関係国と連携し、警戒監視や取締りを強化することにしています。

Related Post





コメントを残す