北ミサイル、軍事アナリストが分析「『スカッドC』の可能性が高い、韓国を標的にしたもの」




 北朝鮮が29日発射したミサイルは高度が低く約400〜450キロを飛んで日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられている。このミサイルについて、軍事アナリストの黒井文太郎氏は「最小エネルギー軌道で400キロを飛んでいることから、射程が500キロ程度の『スカッドC』である可能性が高い。韓国を標的にしたもので、対空ミサイルなどに比べれば脅威度は低い」と指摘。

 その上で「政治的なメッセージとして発射するのであればもっと別の種類のものを使うはずだ。現段階でなぜ飛ばしたのか理由は不明だが、技術開発のため今後も次々と新たな実験を行ってくるはずだ」と分析している。




Related Post



コメントを残す