福島瑞穂氏、戦没者をロード・オブ・ザ・リングの「死者の軍勢」に例えて物議



社民党の福島瑞穂参院議員が「終戦の日」の8月15日に話したスピーチの内容が、「戦没者を政治利用するものでは?」などと物議をかもしている。

mizuho fukushima
福島瑞穂氏(左)と「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」のDVD

福島氏は千鳥ヶ淵墓苑で「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」に出席。福島氏の公式ブログによると以下のような表現があった。

全ての戦争犠牲者のみなさん、わたしたち日本国民が、憲法9条を持ち続けることができるかどうかが、まさに今問われています。安倍首相の、9条改悪まっしぐらの道を、国民の力で止めなくてはなりません。

「ロードオブザリングー指輪物語」の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全てのみなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです。

■「死者の軍勢」とは?

福島氏のスピーチに出た「死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う」とは、ファンタジー映画の「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の完結編「王の帰還」に登場する「死者の軍勢」のことだ。

かつてゴンドール王イシルドゥアに忠誠を誓ったが、裏切ったことで成仏できない呪いをかけられ、亡霊となってていた騎士の軍勢が、イシルドゥアの末裔・アラゴルンの要請で、彼に忠誠を誓い、心強い味方となるというものだった。

今回の福島氏の発言に対して「英霊と裏切った亡霊を同一視するな」「政治利用出来れば死者でもいいのか?」「発想がネクロマンサー」などとネット上で批判が相次いでいる。



Related Post



コメントを残す