官製談合事件・水道企業団所長を送検/岩手 – ニュースエコー 岩手放送



官製談合事件・水道企業団所長を送検/岩手

 2017年08月17日 15:40 更新

 岩手中部水道企業団の発注事業を巡る談合事件で再逮捕された東和事業所長の男が17日、盛岡地検に送検されました。警察は入札の情報を漏らした動機を引き続き追及しています。

 官製談合防止法違反の疑いで16日に逮捕された岩手中部水道企業団の東和事業所長・山崎裕司容疑者59歳と、事業を落札した富士電業社の元社員・阿部宣之容疑者38歳は17日午前10時半すぎ、身柄を盛岡地検に送られました。警察によりますと山﨑容疑者は今年6月、水道施設の電気設備点検業務の指名競争入札に関して、指名業者と設計価格を阿部容疑者に教え、落札させた疑いが持たれています。2人は容疑を認めていますが、警察は贈収賄事件や企業間の談合の可能性も視野に情報を漏らした経緯について、調べを続けています。



Related Post



コメントを残す