古賀之士

こがゆきひと

選挙区(福岡県)選出
立憲民主・社民
当選回数1回

古賀之士の2021年の発言一覧

開催日 会議名 発言
01月28日第204回国会 参議院 財政金融委員会 第1号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士でございます。  まず、金融担当大臣でいらっしゃいます麻生大臣にお伺いをいたします。  資料の一、御覧いただきます。  これは日経新聞の朝刊の一面です。一月の二十七日です。見出しは、「給与デジタル払い 今春に」と、「政府解禁 銀行口座介...全文を見る
○古賀之士君 大臣、ありがとうございます。  と同時に、日経の記事には労基法のことも書いてありまして、労働基準法によれば、これは労働者保護の観点からも給与を直接渡す、これが原則だと。今は、法律上はそれが大前提になっているんですけれども、皆さん御存じのように、銀行振り込みがもうほ...全文を見る
○古賀之士君 ざっくばらんに正直に、そういう、行って来いよということを正直におっしゃられて、麻生大臣の人徳を更に感じることができました。ありがとうございます。  と同時に、これ国債を、言ってみれば、発行額を見た目抑えたいという思いをもう正直に吐露していただいたついでに、更に申し...全文を見る
○古賀之士君 続いては、関連して財務省の参考人にお尋ねしますが、資料の三を御覧ください。  平成三十年度までは、発生した余剰金の使用残額が五千二百七十四億円も存在します。結果的にはですが、去年の剰余金特例法で特別に繰り入れた六千六百四十二億円の八割が実は必要はなかったと、国債の...全文を見る
○古賀之士君 青木参考人、ありがとうございました。いろんな観点の意見交換もまた引き続きさせていただければと思います。  次への質問、移ります。持続化給付金についてでございます。  資料の四を御覧ください。  これは、一人親方として、いわゆる一人親方として労災特別加入されてい...全文を見る
○古賀之士君 細かい説明、ありがとうございます。  今、実態はというような参考人の答弁もありましたように、いろいろヒアリングをさせていただきますと、その一人親方、特に建設関係の一人親方の皆さんたちは、こういう事例が本来はあってはならないんでしょうけれども、実態としてやはり結構な...全文を見る
○古賀之士君 是非、実態を御理解いただいた上、更に前向きの御答弁をいただけたら大変有り難いと思っております。  先ほども申し上げましたが、全国的に見ると、これ極めて一つや二つの事例ではないということです。建設関係の一人親方の方というのはたくさん数多くいらっしゃいます。その中の方...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  それの今様々なサポートに関してのお話を幾つかこちら側からもお話しさせていただきます。  資料の五の三に基づいて、この方は不服の申立てを実際に行っております。返ってきた回答が資料の六です。この資料の六を何枚にもわたっているんで御覧いただけ...全文を見る
○古賀之士君 是非改善をお願いします。  それから、持続化給付金について麻生財務大臣のちょっと御所見を伺いたいんですが、これ御存じのように、持続化給付金のように巨額の財政支出を伴う行為というものがあるにもかかわらず、残念ながら、今お話を伺っていましたように、民法による契約として...全文を見る
○古賀之士君 経産省ですとか、この関係省庁はまたほかにもあるかもしれませんけれども、財務大臣として、あるいはまた麻生副総理として、強いリーダーシップを引き続き発揮されて、この持続化給付金の現場の状況を少しでも改善できるように御尽力いただけるようお願いをいたします。  ほかにも質...全文を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士です。  私は、会派を代表し、ただいま議題となりました令和元年度歳入歳出の決算上の余剰金の特例に関する法律案に対し、反対の立場から討論を行います。  中国より伝わる故事に朝三暮四という言葉があります。猿に与える餌のトチの実を減らす際に、朝...全文を見る
03月22日第204回国会 参議院 財政金融委員会 第4号
議事録を見る
○古賀之士君 おはようございます。立憲民主・社民の古賀之士でございます。  まず、日銀の政策点検についてお尋ねをいたします。  麻生財務大臣、今回の政策点検について、財務大臣としての受け止め、そして御所見をまずお伺いいたします。よろしくお願いします。
○古賀之士君 今まさに麻生大臣がおっしゃったようないわゆるその日銀のETFの買入れのこと、それから長期金利の変動幅、おっしゃったように〇・一から〇・二、プラスマイナス〇・二あるいはプラスマイナス〇・二五と、この辺をまたそれぞれの皆様方に分かりやすく、できる限り質問をさせていただこ...全文を見る
○古賀之士君 日銀におかれましては、是非情報の漏れのないように、引き続き、こういったことが重大なインシデントにならないように、ガバナンスの徹底をお願いをしたいと存じます。  それでは、ETFについて更に黒田総裁にお尋ねをいたします。  政策決定会合によりますと、「積極的な買入...全文を見る
○古賀之士君 つまり、これまで原則六兆円という文言もありました。そして、十二兆円、年間の買入れというものもありました。  ただ、先週の金曜日の発表では、その六兆円という数字が削除され、そして十二兆円が残りました。ということは、今黒田総裁がおっしゃったように、小規模なと言ったら怒...全文を見る
○古賀之士君 グローバルスタンダードというのは、私も二%の物価目標というのは理解をしているつもりです。と同時に、先ほどから質問させていただいている中央銀行による、いわゆる日銀によるETFの買入れというのは必ずしもこれグローバルスタンダードではないということも皆さんよく御存じだと思...全文を見る
○古賀之士君 今黒田総裁がおっしゃったとおり、発表があったときですが、先週の金曜日もやっぱり個別の銘柄が一部下落をしたりとかいうようなことの傾向も生まれているわけですので、その慎重な対応というのは当然必要になってくるというのは理解をさせていただいているつもりでございます。  一...全文を見る
○古賀之士君 あと、もう一つ伺いたいんですが、金融システムの動向について、あえて金融機構局から報告とありますが、これはどうしてなんでしょうか。マイナス金利政策が地方銀行等に与える悪影響が金融システム全体にも及んでいるという御判断からなんでしょうか。
○古賀之士君 黒田さん、もう一問だけ、じゃ、お願いします。  実は、そのETFというのは、買入れを始めてから恐らく総額で三十五兆円ぐらいに恐らくなっているだろうと言われています。含み益が十兆円ぐらい、四十五兆円ぐらい今時価総額であるんじゃないかと言われています。  逆に言うと...全文を見る
○古賀之士君 この項目、まとめに入らせていただきますが、日本の今の株の時価総額、およそ六百九十兆円とも言われておりまして、その中で、日銀のETF買入れが、先ほど申し上げたように含み益入れて四十五兆円。それから、GPIF、年金、これを組み入れるかどうかというのはちょっといろいろな声...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  それで、資料の一、そして、その一枚の裏表になっておりますけれども、資料二、併せて御覧いただきたいんですが、これは、基幹系システム・フロントランナー・サポートハブに選定された第一号が静岡銀行だということです。ところが、その裏の部分ですが、そ...全文を見る
03月23日第204回国会 参議院 財政金融委員会 第5号
議事録を見る
○古賀之士君 古賀之士でございます。  昨日に引き続きまして、どうぞよろしくお願いいたします。  まず、五年ごとに延長されている特例公債法についてお尋ねをいたします。  資料の一、御覧ください。これは、平成二十八年三月三十一日、財政金融委員会の議事録でございます。  この...全文を見る
○古賀之士君 お尋ねしたいのは、骨太の方針はもちろん含まれるとは思いますけれども、この附帯決議に付されているこの法制化を含め検討することということで、具体的に、立法府の要請を受けて、この十年近くたっているこの時間の中で具体的に何かその法制化に向けて検討されたことがあれば是非教えて...全文を見る
○古賀之士君 更問いという形になるんですが、いわゆるこの附帯決議が立法府としての要請を受けた形で出されて、そしてなおかつ、議事録にも大臣の御答弁で配慮するという答弁がございます。それからもう十年近くたっておりますが、骨太の方針のお話等もありましたけれども、この法制化に向けてそれを...全文を見る
○古賀之士君 今、二十八年の資料一のその議事録で、委員長も御党から出ています。そして、もう当時の政権は既に交代をした後でございますので、引き続き、この立法府の要請、これをもちろん委員会で必要があれば公表する、あるいは、十年近くこの中での経緯を是非公表していただいて、それをまた、法...全文を見る
○古賀之士君 いわゆる建設国債が誕生したそのときの経緯を踏まえれば、それの特例という形で生まれたこの第四条ですので、その趣旨をしっかりと踏まえた国債の発行の仕方であれば問題はないと思うんですが、最近、その辺の趣旨を理解されることなく、あるいはもう当たり前、常態化した形でやっていく...全文を見る
○古賀之士君 言ってみれば、入札する際に非常にこの短期債へのリクエスト、要望が大きいということだと思いますが。  質問の、じゃ、イを大体含んだ形のお答えだったので、イとウを合わせ技でお尋ねしますけれども、国債投資家懇談会、昨年の十一月二十六日の議事の要旨ですが、ここにはちょっと...全文を見る
○古賀之士君 それでは、お答えをいただいたので、次は資料の三を御覧ください。  国債等の保有者別の内訳です。真ん中の円グラフ、御注目をください。その円グラフの黒くなっているところの左に矢印のような線が入っておりますが、ここに海外とあって、そのシェアが四六・一%とあります。つまり...全文を見る
○古賀之士君 いろいろなその動向次第によってはリスクもまた増大をしていくということです。  資料の四、こちらを御覧ください。今後のその動向についてお尋ねをいたします。  これを見ますと、令和三年度と令和六年度とを比べますと、⑫基礎的財政収支、いわゆるプライマリーバランスですが...全文を見る
○古賀之士君 まとめさせていただきます。  恐らく先人の皆さんたちは、ここまで国債が増大をし、大きく膨らんでくるというのは予想が付かなかったので、あえてプライマリーバランスという指標を作ったんだと思います。ただ、もうこういう状況になりますし、また、それに対しても硬直はしないんだ...全文を見る
03月26日第204回国会 参議院 財政金融委員会 第7号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士でございます。  今日は、菅総理大臣もお越しでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  まず、麻生財務大臣にお尋ねをいたします。  中長期の経済試算及び特例公債法についてですが、まず資料の一の一、お手元にありますでしょうか、御確認...全文を見る
○古賀之士君 もう一問お尋ねをいたしますが、今の御答弁をいただいた中で、例えば、具体的に出ています、今日お示しをしまして字が大変小さいと御指摘を受けましたこの資料なんですが、こういった中長期の経済財政に関する試算というのは、麻生財務大臣にとりましてはどの程度の重みを持っているもの...全文を見る
○古賀之士君 承知しました。  それでは、菅総理大臣にお尋ねをいたします。  今お尋ねさせていただいた分も含めて、よく中長期という言葉を使われますけれども、二〇三〇年の範囲にこれも限られた試算になっています。財政の今後の見通しを立てるに当たっては、例えば二〇五〇年、更に長期の...全文を見る
○古賀之士君 つまり、麻生財務大臣も極めてその指標を重要視されているという御答弁をいただきましたし、菅総理大臣もこの点については、まさしく必要があるならば更に長期の経済を、動向を見据えていく考え方も必要ではないかということを今表明していただきました。それこそ菅総理大臣は、カーボン...全文を見る
○古賀之士君 しっかりとそういった法案を提出させていただく、提案もしてまいりますので、是非、麻生財務大臣、そして菅総理大臣、御検討いただければ有り難いと思っております。  では、次の質問に参ります。  資料の二でございます。イラストが入っております。  来年度の特例公債の発...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  一つだけ訂正させていただきます。富士山の標高の十倍ではなく、百倍でございます。国際宇宙ステーションにも届こうかという三百七十三キロの高さでございます。  では、それぐらい特例公債が状況が大きくなっている中で、時間の関係で資料の五、御覧い...全文を見る
○古賀之士君 それでは、同じ質問を麻生財務大臣にもお尋ねいたします。どのようにお考えになっているでしょうか。
○古賀之士君 結びの質問になります。  その前に一つ、その税制の在り方も、消費税が一番になってしまったということを考えると、抜本的にこの税制ですとか控除、こういったものを見直す時期にも来ていると思いますので、是非その辺は、我が党の提案も含めまして、また問題提起も含めましてしっか...全文を見る
○古賀之士君 麻生大臣、そして菅総理大臣、引き続き後押しをよろしくお願いをいたします。  質問を終わります。
04月05日第204回国会 参議院 決算委員会 第1号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士でございます。  まず、この時間は、最初に総理大臣にお聞きをいたします。総理大臣の訪米の延期及び総理官邸での会合についてお尋ねをいたします。  まず、菅義偉総理大臣の訪米が延期となった理由、改めてですが、菅総理大臣御自身からお答えをお願い...全文を見る
○古賀之士君 理由をお尋ねしているわけなんですが、その理由というのは、差し障りのない範囲で、菅総理大臣、お答えいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
○古賀之士君 それでは、どなたか、済みません、分かる方に御質問をさせていただきますが、この日本側の発表は理解できますが、本件についてアメリカ側の発表というのはどうなっているでしょうか。アメリカ政府の発表はどうなっているでしょうか。お分かりいただける方で結構です。では、外務大臣、お...全文を見る
○古賀之士君 済みません、私が見る限りでは、アメリカ政府の発表というのが今まだ見受けられないと思っております。この辺について、何か情報が入っていましたら教えていただけないでしょうか。
○古賀之士君 万全を期すためということでございますが、いずれにせよ、双方がきちんとタイミングよく発表を行っていただくということが一つ筋だと思いますし、また、十六日にきちんとした形で成果を上げられますようにお願いをしたいと思いますし、また、十六日に延期したことによって様々な、先週の...全文を見る
○古賀之士君 情勢の交換ですとか意見の交換を行うということを今おっしゃっていましたけれども、たしか私が聞いている報道では黙食だったと聞いておりますが、その辺はどうなっていますでしょうか。
○古賀之士君 食べられた時間は黙食で数分ということでございますが、一般、今、国民の皆様方は、こういった昼食を兼ねての会議というのは原則控えていらっしゃると伺っています。そしてまた、コロナ対策もする場合に当たっては、今日も、今、答弁席の前にもアクリル板が用意されていますが、こういっ...全文を見る
○古賀之士君 やるかやらないかお尋ねしているんですが。反省はもう十分されていらっしゃるという認識を取っておりますが。
○古賀之士君 済みません、そうすると最初の答弁との矛盾を感じるんですが。  問題はないという御発言でしたけれども、今の結びの発言ですと、衆議院でもお答えになっていますがということですが、その辺を少し整理してお答えいただけないでしょうか。
○古賀之士君 もうこれで時間をどんどん食っていくのももったいがないので次に進めさせていただきますが、是非、先ほど申し上げたように、昨日のNHKの「日曜討論」でもお話がありました。いわゆる花見の時期に、屋外であっても、いわゆるブルーシートを敷いてでの集まり、あるいは飲食、こういった...全文を見る
○古賀之士君 今総理大臣がおっしゃってはいただきましたが、その一方で、この緊急事態宣言の期限を早めて解除するという際においては、相当いろいろな話合いに時間が掛かったとも言われております。普通の会議よりも一層の時間が掛かったということで、恐らく、賛成する方もいれば、それから、それに...全文を見る
○古賀之士君 そういうことでありましたら、またその辺をしっかりと審議させていただければと思います。  では、済みません、通告をしておりませんが、済みません、総務大臣にお尋ねします。  今、私の、それから総務大臣の地元でもあります福岡県では知事選挙も行われております。また、これ...全文を見る
○古賀之士君 実際に、先々週のこれは地方議会の選挙でしたけれども、いわゆる惜敗をされた方と当選された方の差が僅か三票ということもありました。一票の重みというものも含めて、もし、コロナ感染で今療養中の方が投票できる手だてがもしありましたら、これから先、また総選挙も控えている段階でご...全文を見る
○古賀之士君 来週の話でもありますし、また、聖火リレーはその後、ゴールデンウイークのときには沖縄それから九州というようなルートも予定されています。人出が更に増える可能性もあるという状況ですので、是非、その橋渡し役として是非よろしくお願いします。  オリンピックに関する資格認定証...全文を見る
○古賀之士君 恐らく、ただ、出入国の大きな仕事というのはやはりどうしても政府の関係ということになってくると思いますので、是非その辺はもう一度きちんと対応していただくということが必要かと思います。  それともう一問、丸川大臣にお尋ねします。  週刊誌の報道で組織委員会が抗議をし...全文を見る
○古賀之士君 丸川大臣もメディアの御出身ですので、その辺の、言論の自由ですとか、あるいはまた国民の知る権利というものは基本的なものとして御認識があるかと思い、質問させていただきました。是非その辺の新しい情報を精査されて、是非、別の機会で結構ですので、是非コメントをお願いいたします...全文を見る
○古賀之士君 尾身先生、お忙しい中、ありがとうございます。  今の御所見を伺っておりますと、まだまだ気を休まるどころか、更なる私たちはしっかりとした緊張感を持ってこのコロナ対策を行っていかなければならないと、まさに身の引き締まる思いがいたしました。また、様々な問題点を御指摘いた...全文を見る
○古賀之士君 是非、法律での制定を望みます。  そして、多くのお困りの皆さんたち、それからあと、これから先の、今のいろいろなお話を伺っていますと、これ人ごとではなくて、いつその当事者になるか分からない状況に国民の皆様はあると思います。そういった方々が当然、不服の申立てができると...全文を見る
○古賀之士君 菅総理大臣、ありがとうございます。  と同時に、これから先の今後についてはまた後ほど時間がありましたら質問させていただきますので、御答弁お願いします。  時間の関係で、そのほかの質問を一部飛ばして、四ポツに移らせていただきます。デジタルプラットフォーマーについて...全文を見る
○古賀之士君 何度も申し上げますが、二年前に質問をしている項目でございます。したがって、今の状況だと、まだ検討されている、調査中だということでございますが、その内容次第によっては、経産大臣、補助金の返還請求を行うのか、こういったものをしっかりと判断いただいて公表していただきたいと...全文を見る
○古賀之士君 茂木外務大臣、お願いといいますか要望でございますが、是非、ですから、訪米も延期になって十六日ということにもなっておりますし、これかなり重要な問題だと思っております。  したがって、この訪米のフェース・ツー・フェースで会えるチャンス、あるいは事務方の皆さんもいらっし...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  いわゆるその根幹を成す日米安全保障の問題の中に、これからは経済をやはり中心としたその安全保障の分野、中でもデジタルあるいは経済、こういったものを含めた各国間の安全保障というものも、これ情報を含めて大事な分野になってくるかと思います。対応願...全文を見る
○古賀之士君 御存じの方も多いと思いますが、アメリカでは株式の取引が無料でできるロビンフッドというアプリがございます。これは、個人情報と引換えに手数料が無料になるということです。こういうビジネスモデルというのは今後ますます増えてくる可能性もありますので、私どももそれに見合った提案...全文を見る
○古賀之士君 自動車一本足打法の話もさせていただきました。そういう意味では、今世界各国に後れを取っているこの各産業をいかにボトムアップしていくのか、それから今トップを走り続けている企業を更に伸ばしていくのかというのは、これ重要な課題だと思います。  ただ、その自動車一本足打法の...全文を見る
○古賀之士君 いろいろな御意見があるかと思いますが、御提案をさせていただいた、食料自給率、エネルギー自給率に加えてデジタル自給率やデータ自給率、こういった指標を加えていってはどうかという提案なんですが、菅総理大臣からこの点について御所見あればお願いします。
○古賀之士君 短い答弁だったんですが、前向きな答弁だというふうに理解をさせていただきますし、また、中継が時間が迫っているということで私に御配慮いただいたんではないかというふうに理解もしております。  一旦ここで私の質疑を終わらせていただきます。ありがとうございました。
○古賀之士君 引き続き質問の機会を与えていただきましてありがとうございます。  残り私の持ち時間五分ということでございますので、まず菅総理大臣にお尋ねをして、お時間がありましたら梶山経産大臣にお尋ねをいたします。内容は、先ほど時間の関係で飛ばさせていただきましたディスプレーの問...全文を見る
○古賀之士君 そのジャパンディスプレイの件を残念ながらこれ糧としていただきたいということでの質問でありました。  というのは、梶山大臣、少し時間があるようですのでお尋ねします。  つまり、このジャパンディスプレイというのは、産業革新機構という、官民ファンドという、そういいなが...全文を見る
○古賀之士君 之士でございます。済みません。  先ほど、午前中、自民党の古賀委員からも御指摘がありました。新しい提案もありましたけれども、その提案の前提も、実は雇用を守ると、企業さん、事業さんがしっかりとその人たち、働く人たちの雇用を守るというのが前提のお話でしたよね。  と...全文を見る
04月07日第204回国会 参議院 決算委員会 第2号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士です。どうぞよろしくお願いいたします。  まず、地域再エネ水素ステーション導入事業についてお尋ねをいたします。  まず、資料の一、お手元ございますので御覧ください。この本事業というののこのスキーム、これ自体に関しての問題の提起でございます...全文を見る
○古賀之士君 そういう事前の審査、それから実施していてもなかなかそこら辺が見抜けなかったということらしいんですが。  次の質問ですが、経済産業省連携と、資料の二のこの表題のところに書いてあるわけですね、「再エネ等を活用した水素社会推進事業(一部経済産業省連携事業)」と。このスキ...全文を見る
○古賀之士君 せっかくのお答えですが、それは連携というよりも、それぞれが独立してやっているという認識も持たざるを得ないんですね。ですので、せっかく連携と書いていただいているならば、縦割りを排除するための様々な施策を具体的に講じるために、どういうような協議を行ってどういうようなこと...全文を見る
○古賀之士君 改めてちょっとそれを聞いて驚くんですが、やめちゃうんですよね。やめちゃっていいのかなと。  実は、まあ言っておきながら言うのもなんですけれども、いや、これ、水素自体のこれ作っていくことというのは何ら問題がない話だと思うんですね。地域の再エネ水素ステーションの導入事...全文を見る
○古賀之士君 私の地元にまでいろいろと御配慮いただきまして、ありがとうございます。  と同時に、是非、環境大臣におかれましてお願いを要望しておきます。  実際のその再エネの様々な種類というのは、もう釈迦に説法だと思います、風力や洋上風力、それから太陽光、様々な再エネがあります...全文を見る
○古賀之士君 そういう意味でも様々な、再エネに関しての後ろ向きな自治体もあるというお話もありましたけれども、一方で、その再エネに関して地方の生き残りを懸けているという自治体も数多くあると、また今後もそういう形で増えてくるかと思いますので、共に提案をさせていただきますので、よろしく...全文を見る
○古賀之士君 すとんと落ちる部分もございました。ありがとうございます。  それで、もう少しちょっと深掘りをさせていただきたいんですが、時間の関係で二つまとめて、済みません、ちょっとアドリブ的な部分の質問も含め伺います。  現在行われているサステナブルファイナンス有識者会議につ...全文を見る
○古賀之士君 こういった観点を基に、小泉環境大臣に伺います。  環境省の立場から、企業情報の開示にESG投資を含むことを現時点でどのように評価されていらっしゃいますでしょうか。
○古賀之士君 ありがとうございました。  では、時間の関係で、その資料の、通告の三と四をまとめてお尋ねします。  グリーンボンド発行促進プログラムとはどのようなもので、現行においてどのような効果をもたらしているか、投資を行ったグリーン債の利回りが一般債より低い場合、例えば受託...全文を見る
○古賀之士君 では、環境大臣と、それから最後、できれば麻生財務大臣にもまとめていただきたいので、この質問を参考人の質問の最後にさせていただきます。  いわゆるグリーンウオッシュ債、いわゆる偽物のグリーン債というのをどのように防いでいらっしゃるんでしょうか。環境省の参考人にお尋ね...全文を見る
○古賀之士君 いわゆるグリーンでないボンドが世の中にはびこってくるとまさにイエローライトが点滅するわけですから、毅然としたレッドカードを出していただけるよう、お願いをいたします。  それでは、そのグリーンボンドの購入に関しましては、黒田日銀総裁は、実はこれ政府の役割ということも...全文を見る
○古賀之士君 では、結びに、麻生財務大臣、今G7のお話も出ました。そして、民間の発行するグリーンボンド、そしていよいよ環境債、こういった意味での国での役割も世界の中では期待をされているかもしれません。麻生財務大臣の御所見を伺います。
○古賀之士君 時間が来ました。また前向きな議論、意見交換をしたいと思います。  終わります。ありがとうございました。
04月13日第204回国会 参議院 財政金融委員会 第9号
議事録を見る
○古賀之士君 古賀之士でございます。  牧山理事に引き続きまして、関連の質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。  まず、麻生大臣にお尋ねをいたします。  先ほどから質問の中で、内閣府、それから経産からの答弁がありました。倒産は二〇〇〇年来過去最低の八千件...全文を見る
○古賀之士君 通告なしで大変失礼いたしました。麻生大臣はその辺の経験も豊富でいらっしゃいますので、当然お答えも十分できるという私は認識の下に質問させていただきましたので、どうぞ誤解のないようにお願いをいたします。ただ、働く皆さんたちの思いですとかそういったものを、もしよければこの...全文を見る
○古賀之士君 続いての質問なんですが、ただこれ、恐らく様々な形で、決算の内容を見てみますと、右上、今度、資料一、もう一度御覧いただきたいんですが、財務諸表のこの右上の部分ですね、短期の借入金、これ一年以内の借入金、返さなきゃいけないそうですが、四百七十七億円とされております。 ...全文を見る
○古賀之士君 ちょっと分かりづらい部分もあるんですけれども、これ結局、公的なお金を貸し付けることによって金融機関を支えていくという思いもあるわけですけれども、これ実は、一番大きなのは、これ山梨県のある信組なんですね。平成の二十一年でこれ四百五十億円と、これ間違いない話ですよね。一...全文を見る
○古賀之士君 今後の公的な資金に関しては、見通しはまだ分からないという認識でよろしいんですか。
○古賀之士君 その辺を慎重に取扱いを要望いたします、要求いたします。よろしくお願いします。  それでは、資料の三、預金保険料率についてお尋ねをいたします。  この預金保険の料率を、これ引下げが去年も、昨年度行われているわけなんですが、これ根拠というのがありましたら教えてくださ...全文を見る
○古賀之士君 金融担当大臣でもある麻生大臣にここお尋ねいたします。  資料の四を御覧いただきたいんですが、この預金の保険料率の検討会の報告書というのを、これ今お話が出まして、添付しております。上から四行目の終わりぐらいから読み上げますと、金融経済情勢等を踏まえ、適用料率や目標水...全文を見る
○古賀之士君 済みません、度々の通告なしで失礼をいたしております。  では、保険の料率についてこれ参考人にお尋ねします。  保険の料率というのは一律、これメガの銀行も、それから比較的資本の規模の小さい第二地銀ですとか信組、こういったものも入ってくるかもしれませんけれども、これ...全文を見る
○古賀之士君 保険料率も更なる今後の課題、宿題であるというふうな理解をさせていただきました。  時間がなくなりましたので、次はもう本当に骨子のところだけ行きますが、大変皆さんが気になっていますGPIF等の投資基準等についてお尋ねをいたします。  これ資料の五、御覧いただきまし...全文を見る
○古賀之士君 これは問題提起だけさせていただいて、これはまた後ほどまた日を改めてこの件についてのお話は深掘りをさせていただこうと思います。  というのは、例えば資料の六、これは朝日新聞デジタルの記事でございますが、ノルウェーの政府系のファンドというのが、きちんとこれウオッチリス...全文を見る
04月19日第204回国会 参議院 決算委員会 第4号
議事録を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。立憲民主党の古賀之士です。  早速、タイムリーなお話からさせていただきます。  クールジャパン機構によります寧波阪急への出資についてお尋ねをいたします。  これどういうことかといいますと、この寧波の阪急、遅れに遅れていたわけですけれども、...全文を見る
○古賀之士君 お答えいただいた参考人は別に悪くないと思うんですよ。ですけど、正直納得する答えではないと思われます。これは更にちょっと今後、また後日しっかりとやらせていただこうと思いますが。  では、ちょっとお尋ねします。今にぎわいを目指しているということでしたけど、初日の売上げ...全文を見る
○古賀之士君 百十億円もの出資をして、初日の入場者数も売上げも把握をしていらっしゃらない。  じゃ、年間の売上げは分かるんですか、目標は、今。
○古賀之士君 これは、納税している国民に対してこれは説明責任を果たしていないですよ。(発言する者あり)でしょう。理由を聞いてよって与党の方がおっしゃっているんですよ。理由は何ですか。
○古賀之士君 やっぱり民間のほかの会社と一緒になっているから非公表だというのも、これちょっとなかなか難しい問題で、まあ民間の企業さんはそう言うでしょう。  ただ、これ、こういう形でスタートした形態が初めてじゃないんですよね、もう参考人はよく御存じですが。かつてはシンガポールにも...全文を見る
○古賀之士君 現状、そういうことなんですよ。  資料の三も、実はちょっとだけヒントが書いてあるんです。四番目の下のところの注意マークのところです。速やかに通知を受けるためには一日に一回程度と書いてありますが、これ何のことかというと、これ再起動のことなんですよね、恐らく。これって...全文を見る
○古賀之士君 今後についてちょっと今お尋ねをしたわけでございますので、是非ちょっと今後の、あり得るお話ですので、是非ここは考えていただきたいと思います。  じゃ、今、厚労省のというお話があったわけなんですが、実はこの経緯は報告書の三ページに書いてあるんですが、読み上げます。昨年...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  そういう今お話の中で、連携は今後は何とかできるんじゃないかというお話だったんですが、心配されたことが報告書の五ページに書かれております。読み上げます。昨年の七月十三日にCOCOA担当のCIO補佐官が着任したと。これ、CIOというのは、いわ...全文を見る
○古賀之士君 それでは、済みません、西村大臣、お待たせをいたしました。そういうことがあります。  そして、資料の六を御覧いただきたいんですけれども、これダウンロード数と陽性登録者数の推移なんですね。これ、一月に陽性として登録された方が、これ一月ですよ、千五百人なんです。御存じの...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  あと、そのアプリの今後の使い方なんですけれども、やはり今、それこそ広報が大事だと思うんですね。  やっぱり、これまでやはり足りていなかったのは、半年ぐらいアンドロイドを使っていたスマホのユーザーの方にはきちんとした情報が行き渡っていなか...全文を見る
○古賀之士君 ありがとうございます。  とにかく、少しじっくりとというお話も平井大臣からもお話がありました。まさにそういうところも含めて、日本のIT技術を押し上げていくある意味機会だということも受け止めていただいて、そしてしっかりと、フランスが自国で作っただけが一〇〇%いいわけ...全文を見る
04月28日第204回国会 参議院 情報監視審査会 第5号
議事録を見る
○古賀之士君 古賀之士と申します。  今日は、三人の参考人の皆様方、本当にお忙しい中、ありがとうございます。貴重なお話をいただきました。  個人的には明治大学の出身なんですけれども、時間がありましたら小林先生に伺います。  三木参考人から先ほどお話がありました。いわゆる取材...全文を見る
05月18日第204回国会 参議院 財政金融委員会 第11号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士でございます。  では、本日のまさに本丸でございます金融強化法の改正案、これについて、まず麻生金融担当大臣にお尋ねをいたします。  この金融機能強化勘定の余剰金を利用した資金交付制度について、これは先ほども宮島委員からも御指摘がありました...全文を見る
○古賀之士君 言わば目的外使用ということで御理解いただければと思っております。  ちなみに、今現状のコロナ禍で、なおかつ、今厳しい状況にある特に地方の金融機関並びに中小企業、こういったものをしっかりとお支えをしていくという立場は、これはまさに同じというふうに御理解いただいて結構...全文を見る
○古賀之士君 つまり、継続的ではなく一度きりだという理解でよろしいわけですね。端的にお願いします。
○古賀之士君 一度きりかどうか、継続的に使用しないということは一度きりかどうかと、これ明確にお答えください。
○古賀之士君 一度きりという理解でよろしいんですね。そうさせていただきますが、異議がなければそういうこと。  では、銀行のIT開発の現状についてちょっとお尋ねします。  この制度によって、いわゆる銀行に当然資本を注入して今の銀行、金融機関をある程度下支えするという意図は分かり...全文を見る
○古賀之士君 その辺の分、割合といいますか、その考え方というのもしっかり皆さん方の中で共有していただいて、これから先、やっぱり地場の特に厳しい中小企業の皆さんたちにとっては、何で銀行だけみたいなところがこれ以上余り大きくならないようなやはり手だてというのも必要じゃないかと思います...全文を見る
○古賀之士君 では、ちゃんと一旦は返してくれるというのは、それは分かるんですよ。分かるけれども、その後にすかさず、しかもルール上は今まで以上に甘いルールでと言ったら怒られますけれども、これはもうコロナ禍だからやむを得ない部分もあるでしょうが、そういうところで融通していったら、あっ...全文を見る
○古賀之士君 ですから、こういう特例を利用して本当に経済が活性化されるということであればもうウエルカムなんですが、逆にこの制度を使ってそれこそこういう条件が緩くなる、あるいはうやむやな責任の状況になる、さらにはいつ返していいか期限もない。これ、そうなると、一斉に乗換えとか借換えと...全文を見る
○古賀之士君 それでは、通告はしておりませんけれども、麻生財務大臣にお尋ねをします。  印象だけで結構です。資料の二から四を、済みません、御覧いただければと思っております。委員の各位の皆様方もどうぞ御覧ください。  これ、それこそ銀行等の保有株式の取得機構が出している基本的な...全文を見る
○古賀之士君 通告なしの質問なのに丁寧にお答えいただいて、ありがとうございます。  と同時に、資料の五を御覧いただきたいんですが、これはいわゆる機構の議決権行使に関して銀行等の保有株式等の機構が出している、これ役員のメンバーでございますけれども、言ってみれば機構の理事長及び理事...全文を見る
05月31日第204回国会 参議院 決算委員会 第8号
議事録を見る
○古賀之士君 おはようございます。立憲民主党の古賀之士でございます。  今日は決算委員会准総括質疑ということです。会計検査院の皆様方もこの一年しっかりと調査をされていらっしゃいますので、まず、その検査結果を受けて、様々な資料を基に質疑を始めさせていただきます。また、この秋、デジ...全文を見る
○古賀之士君 いろいろな検査するお立場もおありになると思いますが、冒頭、その十一の検査報告について四つはしっかりとなされていると、ほかにもしっかりとなされているものもあるが、場合によっては違うものもあるという、まとめて言うとそういうお考えじゃないかと思います。  ただ、これ、こ...全文を見る
○古賀之士君 まさに、平井大臣おっしゃったことができるかできないかというのが非常に大きなポイントだと思います。もう大臣もそこはしっかりと御理解をされていらっしゃると思います。  だからこそ、次の資料の三、御覧いただきたいんですが、これ、内閣官房とそれから総務省で、それぞれ七番と...全文を見る
○古賀之士君 是非、同じ問題意識を持っていらっしゃるのであれば是非、善後策、改善策をお考えいただければと要望させていただきます。  資料の四を御覧ください。  農水省の参考人にお尋ねをいたします。  この資料の四の前半の囲みのところの、繰越率が高くなっていたシステムの、上か...全文を見る
○古賀之士君 これ、財務大臣、済みません、麻生財務大臣、ちょっとお尋ねを、通告をしておりませんけれども、お答えいただきたいんですが。  これ、今の農水省の参考人のお話ですと、ダムの様々なその防災情報のネットワークをつくるために、当初は本予算で二億円付けて、そしてその後に補正予算...全文を見る
○古賀之士君 大臣の視線がどちらかというと私でない方向向いていましたので、そのにらみはきっと恐らく同じ問題意識を麻生大臣も少しはお持ちなんだなという理解を示しましたけれども、その辺はいかがでございましょうか。大丈夫でしょうか。
○古賀之士君 今回、突然通告なしでございましたので、これからはちゃんと通告をしてその辺についてまた意見交換したいと思っております。失礼しました。  では、次は年金の基礎年金番号管理システムについてお尋ねをいたします。  田村厚労大臣にお尋ねをいたします。  もう皆さん、この...全文を見る
○古賀之士君 ここも田村大臣も問題意識は一緒だと考えるんですが、もう言わずもがなで、一億人を超える人々の生涯の記録を、まさに人生百年時代、百年以上にわたってこれからしっかりと管理運営していかなければならないということがこれからますます重要になってくるということですので、その辺をし...全文を見る
○古賀之士君 これ、是非お願いします。  それぞれが立場や受給額が違ったり様々なバリエーションがあって、恐らくこの議場の皆様方もそれなりの、そのバリエーションがそれぞれが違うので、一回一回その年金事務所に行ってその金額を確認して、その受け取り方も含めてというようなことが必要にな...全文を見る
○古賀之士君 大臣、財務省さんのように、ある意味、大きなマクロの視点というのでは大変な経費も掛かるし、改善するのにもそれなりの、麻生大臣のようなリーダーシップも必要になってくると思うんですけれども、ただ、私が申し上げているのは、ある意味、小さなと言ったら怒られますが、予算のもう少...全文を見る
○古賀之士君 時間が来ました。  平井大臣、民間は、そういう人材がもう本当に喉から手が出るほど欲しいです。民間との争いです。それから、海外に目を転ずれば、カリフォルニアなども、釈迦に説法かもしれませんが、年収がもう中堅クラスのITのエンジニアで三千万円、四千万円なんていうのはも...全文を見る
06月07日第204回国会 参議院 決算委員会 第9号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士です。  私は、会派を代表し、令和元年度決算及び令和元年度国有財産増減及び現在額総計算書に反対、令和元年度国有財産無償貸付状況総計算書及び内閣に対する警告決議案に賛成、以上の立場から討論いたします。  会計検査院による令和元年度決算報告の...全文を見る
06月09日第204回国会 参議院 本会議 第29号
議事録を見る
○古賀之士君 立憲民主・社民の古賀之士です。  ただいま議題となりました令和元年度決算及び令和元年度国有財産増減及び現在額総計算書に反対、令和元年度国有財産無償貸付状況総計算書及び内閣に対する警告決議案に賛成、以上の立場から討論いたします。  まず、議場の皆様にお伺いいたしま...全文を見る