愛知7区 無所属 山尾氏 当選確実 – NHK



既婚男性との交際疑惑をめぐる報道を受けて民進党を離党し、今回の選挙には無所属で立候補した山尾志桜里氏が愛知7区で3回目の当選を確実にしました。

山尾氏は43歳。検事を経て、平成21年の衆議院選挙で初当選し、これまでに2回、当選しています。待機児童問題をめぐり、国会で「保育園落ちた日本死ね」などと匿名で綴ったブログを取り上げて政府の姿勢を追及し、去年の民進党結成にあたって政務調査会長に起用されました。先の民進党代表選挙を受けて、前原代表のもとでも党の要職への起用が検討されましたが、先月上旬、週刊誌に既婚者である弁護士の男性との交際疑惑を報じられ、離党しました。

今回の選挙に山尾氏は無所属で立候補し、子育て世代の負担軽減などを訴えて支持を集め、自民党の前議員の鈴木淳司氏を抑えて、3回目の当選を確実にしました。

Related Post





コメントを残す