下村博文

しもむらはくぶん

小選挙区(東京都第十一区)選出
自由民主党・無所属の会
当選回数8回

下村博文の略歴

昭和二十九年五月二十三日群馬県群馬郡倉渕村に生る、早稲田大学教育学部卒業○東京都議会議員二期、都議会厚生文教委員長。あしなが育英会副会長○法務大臣政務官、文部科学大臣政務官、内閣官房副長官、文部科学大臣、教育再生担当大臣、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣○自民党文部科学部会副部会長、法務部会長代理、青年局長、副幹事長、国対副委員長○衆議院外務委員会理事、議院運営委員会理事、法務委員長○著書「塾そのありのままの姿」「学校を変える―教育特区―」「下村博文の教育立国論」「9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に」「世界を照らす日本のこころ」「教育投資が日本を変える」○当選八回(41 42 43 44 45 46 47 48) (令和元年7月2日現在)

Learn more

国会活動記録

グラフをクリックするとその年の発言一覧が表示できます。

発言回数 6241回